ニキビダニは、基本的に、誰の顔にも生息している生き物なんだそうです。
その姿は、とても小さいので、肉眼では、確認することは、できないんだそうです。
なんといっても、毛穴の中に入っているのですから、視認できるはずは、ないですが。

でも「ダニ」っていうことで、あまり気持ちの生き物とは、思えませんが・・・
とはいっても、誰の顔の毛穴にもいるって聞くと、現実的には、それほどの脅威でもないのも、事実なのかもしれませんね。

このニキビダニくんたちは、皮脂を食べて、生きているんだそうです。ということは、皮脂の量をある意味、適切になるように調節してくれている存在でも、あるんだそうです。

ただ、人間側の事情で、一定量以上の皮脂が過剰に分泌されたときに、問題が起こるんだそうです。
ニキビダニくんたちにとっては、大好物の皮脂が、たくさん目の前に現れるわけですから、そういった意味では、天国やパラダイスっていうことになるんだそうです。
となると、たくさん食べて、たくさん繁殖して、たくさん排泄物を出してっていうサイクルが、始まってしまうんだそうです。
こうなると、ニキビダニくんたちの排泄物で、毛穴の中がいっぱいになって、それが、悪さをして、ニキビと同じような症状を引き起こすことがあるんだそうです。

こうなると問題ですね。
一番、困るのは、症状が、ニキビとほとんど一緒っていうところなんだそうです。
宿主である人間としては、ニキビができたっていうことで、それ用の対策を一生懸命行っても、直らないっていうことになるわけなんだそうです。
症状は似ていても、原因が異なるので、治らないっていうことになってしまうんだそうです。

もし、ニキビ対策を毎日懸命に行っていて、2週間たっても、改善の兆しが見えないっていうようなときには、皮膚科に行きましょう。
素人では、ニキビの症状なのか、ニキビダニが原因の症状なのかは、見わけが付かないんだそうです。