ニキビ跡が、一番の困り者に、なってくるものなんですよね
ニキビ、それ自体は、時間の経過と、毎日のケアで、いずれは、消えて行ってくれるはずのものですが
問題は、ニキビの痕跡ですよね
多少の色素沈着とか、赤みが残ったっていう程度なら、半年とか、1年程度で、徐々に薄くなっていくので、放置していても大丈夫っていう話ですが
そんなに待てないっていうときには、ビタミンC誘導体配合の化粧品とかを使うと、より早く薄くなって、目立たなくなっていくらしいです

「多少」という程度ではなくて、黄色ニキビまで発展してしまったときの、跡が、とにかく大変なんですよね
というのも黄色にきびだと、毛穴の中が、炎症してしまって、膿がたまってしまった状態の痕跡のため、その傷跡が、皮膚表面だけではなく、皮下組織まで破壊してしまっている可能性が、高いんだそうです。
ここまで、悪化してしまったにきびの場合には、色素沈着とか赤みが、大きく残ってしまったり、中には、クレーター状の凹凸が残ってしまったりしてしまうんだそうです。

黄色ニキビにまで、悪化してしまったなっていうときには、皮膚科に行って、診断をしてもらって、ニキビ跡が、できるだけ残らないように、対応してもらうことが、大事なんだそうです。
今の技術は、以前と比べて、ずいぶんと進歩しているので、肌に残ってしまった凹凸とかも、期待以上に、目立たなくなるっていうことも言われているので、早めに受診することを、おすすめします

皮膚科に行くほどでもないっていうときには、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うのと、並行して、ピーリングをすることも、肌の代謝を促すことになるので、効果的なんだそうです。
もちろん、皮膚科でもピーリングをしてくれますし、市販されている商品でも、できるんだそうです。
ただ、ピーリングは、フルーツなどの酸を使って、皮膚表面に軽いやけどを起こして、角質を取り除く方法なので、慣れないうちは、ヒリヒリしたり、赤くなったりするらしいですね。
その副作用的反応も、数日で消えて、そのあとは、肌のトーンが目に見えて、明るくなるんだそうです。